2023.05.13
ねこの雑学
ねこカフェ初心者が知っておきたい7つのマナー

ねこカフェ初心者が知っておきたい7つのマナー

ねこカフェには、かわいいねこたちがたくさんおり、魅力的な場所です。

しかし守らなければならない最低限のマナーがあります。

今回はこれから初めてねこカフェに行くという方向けに、事前に知っておきたいねこカフェでの7つのマナーをご紹介します。

 

目次

1.ねこカフェってどんなとこ?
∟1-1.ねこカフェとは
∟1-2.ねこと遊べる
∟1-3.インスタ映えスポット
∟1-4.ねこカフェの料金
2.ねこカフェ初心者が知っておきたい7つのマナー
∟①    ねこを追いかけない
∟②    抱っこしない
∟③    店内用のおやつをあげる
∟④    フラッシュ撮影をしない
∟⑤    おもちゃを持ち込まない
∟⑥    食事中のねこにちょっかいを出さない
∟⑦    寝ているねこに触らない
3.ねこに好かれるお客さんの特徴
∟3-1.落ち着いた行動をする人
∟3-2.おやつをくれる人
まとめ

 

1.ねこカフェってどんなとこ?

ねこカフェというお店を聞いたことがあり、行きたいと思いながらもシステムがよく分からない方も多いと思います。

まず、ねこカフェがどんな場所なのかをご紹介します。


 

1-1.ねこカフェとは

ねこカフェとは、店内にいるねこたちと触れ合ったりねこを眺めながらお茶を飲んだりして楽しめるお店で、人それぞれの楽しみ方があります。

おもちゃで遊べたりおやつをあげることで、ねこと素敵な時間を過ごせる空間です。

お客様の中にはねこを目の前にパソコン作業に没頭している方もいます。

さまざまな利用の仕方があるのです。

そもそもねこカフェとは、1998年にできた台北の猫花園というお店が発祥であると言われています。

日本では2004年に現在のようなねこカフェが作られたとされ、今日まで多くの方に親しまれているという状況です。


 

1-2.ねこと遊べる

先ほども紹介したように、おやつをあげる、触れ合うことで楽しむというのが、ねことの遊び方です。

おやつは店内で売っているものを買って食べさせてあげましょう。

おやつは、ねこたちに喜ばれて、すぐに持っている人のところへ寄ってきますよ。

ねこがおいしそうに食事をしているところドアップのお顔などなど、さまざまな表情を撮影できます。

また抱っこすることは、難しいですが、背中を撫でる程度ならばできるところも多くあります。


 

1-3.インスタ映えスポット

ねこカフェは、お店全体がインスタ映えスポットです。

おやつを食べるねこ、他のねこと戯れるねこなど、いろいろな心躍る場面を写真に収めることができちゃいます。

ねこカフェが映えるスポットであるのは、単にねこがかわいいからだけではありません。

ねこカフェは店内の内装がおしゃれな場所が多いです。

そんなおしゃれな場所で、魅力的なねこの姿が見られるのですから、素晴らしい写真が撮れるのも不思議ではありません。


 

1-4.ねこカフェの料金

1時間で500円~1000円程度が相場です。

この基本料金に加えて、購入したおやつ代金がプラスされてトータルの料金となること場合が多いです。

また、お店によってはフリータイムを取り入れているところもあるので、実際にねこカフェに行く前に調べてみてみるのをおすすめします。

店内の飲み物は、フリーのところが多く見受けられます。

 

2.ねこカフェ初心者が知っておきたい7つのマナー

事前に知っておきたい、ねこカフェでのマナーについてご説明します。

どれもねこのためですので、ルールを守ってねこカフェを楽しみましょう。


 

①    ねこを追いかけない

ねこは、怖がりの動物です。少しの音や光でも怖いと感じてしまいます。

同様に、知らない人も苦手です。

気づいたら、お気に入りのねこを追いかけてしまっていたということはよくありますよね。

可愛くてねこに近づきたい気持ちは分かりますが、初めは見守るような距離からねこを眺めるところから、少しずつ仲良くなっていきましょう。


 

②    抱っこしない

ねこカフェは、ほとんどのお店で抱っこを禁止にしています。

無理矢理抱っこをすることは、ねこにとってストレスに感じてしまいます。

家でねこを飼っていたり、ねこの扱いに慣れている方でも、控えるようにしましょう。

ねこと遊んでいるうちに、心が通い合い始めたら、なでなでくる程度であれば大丈夫です。

ただし、嫌がるそぶりをねこが見せたら、すぐにやめるようにしましょう。

ねこカフェによっては、抱っこができるところもありますので、事前にホームページの確認をしておくことをおすすめします。


 

③    店内用のおやつをあげる

ねこカフェでは、ねこにあげるおやつを売っています。

必ず店内で売っているもののみをあげるようにしてください。

だいたい500円程度で、購入できるお店が多いです。持ち込みは厳禁です。

食べ物は適切でないものを与えてしまうと、ねこの健康状態に関わります。

特に人間用の食べ物は、ねこにとってはカロリーが高く栄養素も偏り危険です。

おやつの摂取を含む、食事の管理については、基本的にはねこカフェで、行われています。

店内のおやつで、ねこたちを喜ばせてあげましょうね。


 

④    フラッシュ撮影をしない

ねこは、強い光に弱いため、フラッシュ撮影は禁止されているところが多いです。

写真撮影や動画撮影は許可されているところがほとんどですが、フラッシュはオフにして写真を撮りましょう。

最悪の場合、失明してしまうねこもいます。

インスタグラムなどのSNSやブログにあげて、みんなにかわいいねこの様子を見てもらいたい気持ちは分かりますが、適切な方法で、撮影しましょうね。


 

⑤    おもちゃを持ち込まない

おやつと同様に、おもちゃも店内のものを使用するようにしてください。

店内で管理されているおもちゃと違い、持ち込まれたおもちゃは、どんなものかお店側では把握できません。

持ち込まれたおもちゃの状態が悪かったり、使いこまれたおもちゃを使用した場合、ねこがけがをしてしまう可能性もあります。

ねこカフェのお客様、みんなに楽しんでもらえるように、ルールを守ってお店のおもちゃを使いましょう。


 

⑥    食事中のねこにちょっかいを出さない

人間もねこも楽しい食事の時間は、邪魔されたくないですよね。

特に、今日初めてあった知らないお客様に食事の時間を邪魔されるのは、ねこもかわいそうです。

ご飯の時間のねこに触りにいってしまい、機嫌を損ねられてしまったら、その日は近づいてきてくれないかもしれません。

ご飯を食べている時は、そっとしておいてあげましょう。


 

⑦    寝ているねこに触らない

食事中のねこと同様に、寝ているねこに触るのもよくありません。

たくさん休んでもらい、目覚めた時に元気なかわいい姿を見せてもらいましょう。

触られたことで、起こされるのは、かなりストレスです。そっと遠く眺めるだけにしましょう。

ただ、寝ているねこを触ろうとしている方は、ほぼ見かけられないので、初めてねこカフェに行く人でも触ろうとする人は、あまりいません。

 

3.ねこに好かれるお客さんの特徴

ねこカフェに行ったら、当然、ねこに好かれて、ねこと仲良くなりたいですよね。

おしゃべりしたり、おやつをあげたり、写真を撮ったり、好かれれば、さまざまなことが簡単にできちゃいます。

ねこに好かれる人には、どんな特徴があるのでしょうか。


 

3-1.落ち着いた行動をする人

行動がゆっくりで、落ち着いている人が好かれます。

逆に低い声や、大きな声の方、動きが大きい方は、苦手のようです。

びっくりしてしまい逃げてしまいます。

ねこのかわいい様子が見られて、気持ちが高まってしまうのはわかりますが、ねこに好かれるためにグッとこらえて、平静を装ってみるのが良いですよ。

加えて優しく話しかけてくれる人にもねこは好意を持ちます。

言葉は分からなくても、気持ちや雰囲気は十分伝わります。


 

3-2.おやつをくれる人

おやつを食べさせてくれる人は、みんな大好きです。

やはり人間もねこも食べ物をくれる人のことは、大好きになりますよね。店内でおやつを購入して、ねことたくさんコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、おやつを購入していないのに、ついてきてくれるようなラッキーなできごとも起こるかもしれませんね。

 

まとめ

マナーを守ってねこカフェに行ってみましょう。

ねこカフェとは、ねことの触れ合いや、お茶を飲みながら猫の様子を眺め、楽しめる場所です。おやつをあげたり、おもちゃで遊んであげるとねこたちは懐いてくれます。

ただし、抱っこをしてはいけない、フラッシュ撮影はできないなど、守らなければいけないマナーもあります。

決まりを守って、ねこカフェで楽しいひとときを過ごしてください。

 

 

 

   
TOP